• ホーム
  • 歯茎から血が出る~歯周病治療~

歯周病治療~再生治療であなたの歯を守ります~

歯周病治療~再生治療であなたの歯を守ります~

「口臭が強くなった」「お口の中がネバつく」「歯茎がムズムズする」……こんな症状は歯周病のサインかもしれません。「歯肉炎」とよばれる、歯茎に軽度な炎症が起きている初期の段階で治療すれば健康な状態に戻すこともできますが、中等度、重度と進行するうちに歯の組織や歯を支えている顎の骨が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」では、軽度の歯周病はもちろん、外科処置が必要な重度の歯周病まで、幅広く対応しています。歯を失ってしまう前にできる治療があります。気になる症状がある方は、お早めにご相談ください。

成人の約8割が歯周病予備軍

成人の約8割が歯周病予備軍

日本の成人の約8割が罹患しているかその予備軍といわれる歯周病は、プラークの中に潜む「歯周病菌」が引き起こす感染症です。歯と歯茎の境目にある歯周ポケットの中に歯周病菌が定着し、菌が歯茎の中に入り込んで炎症を引き起こします。

定着したプラークは通常の歯みがきでは除去できません。しかし歯科医院で専用の医療機器を使用したクリーニングや歯石の除去を定期的に受けることで、歯周病の進行を抑えることができます。

重度歯周病と診断されたら

 精密診査・診断
まずは様々な検査により、歯周病になってしまった原因究明、現状把握を行います。各歯周病検査に加え、パノラマX線写真・14枚法デンタルX線写真の撮影から、本院に委託することでCTによる精密なスキャンも可能です。
  • 原因除去
  • 環境整備
  • 機能回復
検査結果に合わせて、上記3つの段階にわけて治療をすすめていきます。
 原因除去

歯周病の原因である歯周病原菌の住処となっている歯垢や歯石を徹底的に除去します。
FMD(フルマウスディスインフェクション)では、1日で歯石除去と根面清掃を終えられます。さらに、抗菌療法も可能。検査の際に同定されてしまった方などには、併用すする場合があります。

FMD(フルマウスディスインフェクション)
全顎の歯石除去、根面清掃を1日で行う手法です。歯周病原菌の再感染等のリスクを減らすことで、口腔全体の歯周病原菌を取り除きます。
※中程度歯周病の方が保険診療で全顎の歯石除去・根面清掃を行う場合、最低6回の通院が必要となるため、歯石除去を1日で終わらせたい方におススメです
 環境整備

歯周病が原因で溶けてしまった骨や失った歯茎の再建を行い、歯周病原菌が再び口の中に住み着けないように口腔内環境の改善を図ります。

この段階では、再生療法や歯周外科処置を中心に行います。

 機能回復

口腔内環境を整備してから、機能回復を行います。
インプラント治療、補綴治療(被せ物・入れ歯など)、矯正治療などを行う事で、快適な生活や食事ができるよう、口腔機能の回復を図ります。

歯周病の基本治療 

こちらでは、当院が行っている歯周病の基本的な治療メニューをご紹介します。

SRP
(スケーリング&ルートプ
レーニング)

SRP (スケーリング&ルートプレーニング)

軽度の歯周病に行われる処置です。歯周ポケット内に定着したプラークや歯石、炎症を起こした組織を専用器具で除去します。

歯周ポケット掻把(そうは)術

歯周ポケット掻把(そうは)術

中度の歯周病に行われる外科的処置です。歯茎に局所麻酔をしたあと、歯周ポケット内のプラークや歯石を「キュレット」という専用器具で取り除きます。

フラップ手術

フラップ手術

中度から重度の歯周病に行われる外科的処置です。歯茎を切り開いて歯根を顎の骨からはがし、歯根に付着しているプラークや歯石を取り除きます。
当院では歯周病検査に力を入れています

治療を始める前に、まず歯周病検査を行います。歯周病を効果的に治療するには、歯周病の原因や進行の程度を把握して、患者様一人ひとりの状態に合った治療を選択することが大切だからです。当院では、次のような検査を行っています。

歯周ポケットの検査

歯周ポケットの検査

「プローブ」という測定器具で歯周ポケットの深さを測定します。歯周ポケットが深いほど、歯周病も進行していると判断され、進行の程度に合わせて治療を選択します。
歯周病原菌検査

歯周病原菌検査

5分ほどで歯周病原菌を採取し、約2週間ほどの間でDNAの測定を行います。これにより菌の種類や菌の数を計測する、精密な検査方法です。

歯の揺れ具合の検査

歯の揺れ具合の検査

ピンセットなどで歯をつまんで、前後・左右・上下に動かして歯の揺れ具合を測定します。揺れが大きいほど、歯周病も進行しています。

レントゲンによる顎骨検査

レントゲンによる顎骨検査

歯周病が進行するにつれ、歯を支える顎の骨が次第に溶けていきます。レントゲン検査で骨の状態や骨量などをチェックします。

再生療法~重度の歯周病も治せます~

再生療法~重度の歯周病も治せます~

基本治療を行っても、さらに歯周病が進行してしまうこともあります。従来なら歯周病菌によって破壊された骨や歯根膜は除去するほかなく、重度の歯周病では抜歯となることがほとんどでした。しかし現在では、一度破壊された組織を再生する「再生療法」が広く行われており、抜歯を回避できるケースが増えてきています。

当院で行っている再生治療をご紹介します。

GTR(組織再生誘導法)

GTR(組織再生誘導法)

破壊されてしまった歯根膜や歯槽骨などの組織を、可能な限り元に近い状態に再生させる方法です。再生させたい組織を人工の膜を入れて覆い、組織が再生するスペースを確保し、組織が再生するのを待ちます。

GBR(骨誘導再生法)

GBR(骨誘導再生法)

特に骨の再生を目的に行われる治療です。骨のない部分に人工の膜を置き、骨が再生するためのスペースを確保して再生を促します。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

細菌に冒された組織を除去したあと、「エムドゲインゲル」という薬剤を塗布します。エムドゲインゲルは歯が生えてくる際にはたらくたんぱく質の一種からつくられており、子供の頃の歯が生え始めた環境を再現することで、組織の再生を促します。

東京都大田区大鳥居|歯科タウン|エイル歯科・矯正歯科

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る