• ホーム
  • 子どもの歯を守りたい~小児歯科~

将来の歯の健康は、子供の頃のケアで決まります

小児歯科では、乳歯の生えはじめから永久歯に生え替わる頃までのお子様を対象に、治療や予防を行います。

将来の歯の健康は、子供の頃のケアで決まります

歯が丈夫であれば、食べ物をしっかり咬んでおいしく食事ができます。また、よく咬むことで成長に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つ、顎の骨や顔の筋肉の発育を促し、きれいな歯並びや豊かな表情を作るなど、歯の健康は心身の健康にも大きく影響しています。

小さなお子様は、自分一人の力で歯を守ることができません。大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」は、ご両親と協力しながら、お子様が一生きれいな笑顔で過ごせるようサポートしています。

お子様が「通いたくなる歯医者さん」を目指しています

お子様が「通いたくなる歯医者さん」を目指しています

小児歯科に力を入れている当院では、お子様が楽しく通えるようさまざま工夫をしています。

キッズスペースの設置

待ち時間は、おもちゃや絵本で自由に遊べます。テレビではアニメも流しています。

親同席で診療

お子様がリラックスして治療を受けられるように、ご両親同席での診療が可能です。

治療前のトレーニング

嫌がるお子様には治療前にトレーニングを行い、診療室の雰囲気やスタッフに慣れてから治療をはじめます。緊急時を除いて、無理に治療することはありません。

「仕上げみがき」を忘れずに

「仕上げみがき」を忘れずに

生後6~9ヵ月頃、乳歯が生え始めた時が歯みがきをスタートするタイミングです。最初はガーゼで、1歳前後に上下の前歯がそろったら歯ブラシを使いましょう。3~4歳になると自分で歯みがきできるようになりますが、まだまだ上手にみがけません。大人の方の仕上げみが必要です。

仕上げみがきは小学校中学年頃まで続けることをお勧めします。就寝前だけでも構いませんので、奥歯や歯と歯茎の境目、歯と歯の間まで、丁寧にみがいてあげてください。

お子様の歯並びが気になりませんか?

お子様の歯並びが気になりませんか?

昔に比べて、顎の骨が小さくなったといわれる現代の子どもたち。顎の骨が小さいと永久歯が生えるスペースが足りなくなって歯並びがデコボコになってしまいます。また、頬づえや指しゃぶり、ポカン口などの悪い癖が、歯並びの乱れにつながっている場合もあります。

歯並びの乱れは咬み合わせの問題に直結します。しっかり咬まないままに食べ物を飲み込むため、栄養摂取が妨げられたり胃腸に負担がかかったりします。さらに歯並びが悪いと歯みがきもしづらく、虫歯や歯周病になるリスクが高まるほか、見た目へのコンプレックスから人前で笑えなくなるといった心理的なデメリットにもつながります。

お子様の歯並びが気になりませんか? 

仕上げみがきの時などにお子様の歯並びをチェックして「おかしいな」と思ったら、当院の矯正治療に関する無料相談をご利用ください。治療の流れやメリット・デメリット、治療費など、小児矯正に関する情報をしっかりお伝えします。

コラム子どもの歯の重要性と、小児歯科の役割 

一般的に永久歯が生え始めるのは6歳頃からですが、乳歯が顔を出す頃にはその下で自分の出番を待っています。「どうせ生え替わるから」と乳歯の虫歯を放っておくと、乳歯の下にある永久歯にも悪影響を及ぼし、場合によっては虫歯菌に感染して表面が変色した永久歯が生えてくることもあります。

コラム 子どもの歯の重要性と、小児歯科の役割

さらに乳歯には、永久歯が生えてくるためのスペースを確保する役割を持っています。虫歯や事故などで乳歯を失ったままにしておくと、隣の歯が少しずつ移動して永久歯が並ぶスペースが足りなくなり、歯並びの乱れにつながります。乳歯を健康な状態に保つことは、永久歯にとっても将来の歯並びにとっても、とても大切なことのです。

小児歯科の役割は、乳歯の虫歯を予防すること。そして残念ながら虫歯になってしまった場合は、できるだけ早く治療することです。ご両親は日頃からお子様のお口の状態に関心を持ち、気になることがあれば早めに歯科医院を受診してください。

東京都大田区大鳥居|歯科タウン|エイル歯科・矯正歯科

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る