• ホーム
  • 銀歯が気になる~審美歯科~

美しさと機能性、体へのやさしさにこだわった審美治療

美しさと機能性、体へのやさしさにこだわった審美治療

一般的な歯科治療では「虫歯や歯周病を治す」「しっかり咬めるようにする」など機能面に重きを置いた治療が行われますが、審美歯科では機能の回復に加えて、「白く美しい歯にする」「歯並びを整える」といった見た目の美しさにこだわった治療が行われます。

機能性と見た目の美しさを兼ね備えた審美歯科治療を行っている、大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」では、セラミック素材を用いた治療をお勧めしています。天然の歯と変わらない、自然な白さの美しい口元を再現することができるだけでなく、金属を使わない「メタルフリー」素材なので体にやさしいのもメリットです。さらにセラミックは強度が高く、白い歯を長持ちさせることもできます。

自費診療のため保険診療と比べると費用はかかりますが、費用に見合った美しさに満足していただけるはずです。

金属アレルギーに注意しましょう 

金属アレルギーに注意しましょう 

保険診療の虫歯治療でよく使われている「銀歯」は、金銀パラジウム合金でできています。白い歯列の中で銀色が目立ってしまうだけでなく、長年の使用によって銀歯から溶け出した金属イオンが原因で、歯茎が黒ずんでしまいます。 さらに溶け出した金属イオンが体内に吸収されると、かぶれやかゆみなどの皮膚症状や肩こり、頭痛など、金属アレルギーの症状を引き起こす可能性が指摘されています。

「金属」と「メタルフリー」のメリット・デメリット
金属 メタルフリー素材
メリット
  • 保険診療の金属の場合、虫歯治療費用が安い
  • 耐久性・強度が高い
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯茎が黒ずまない
  • 自然な白さがあり、歯列の中でも浮かない
デメリット
  • 経年により劣化する可能性がある
  • 柔軟性に欠け、衝撃に弱い
  • 歯茎が黒ずむことがある
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 白い歯列の中で目立つ
  • 審美歯科素材は自由診療となり、保険診療より治療費が高い
  • 症状や部位により使用できない素材もある
金属アレルギーセルフチェック

金属アレルギーセルフチェック

口腔内の金属が原因の金属アレルギーは、歯科治療後しばらくしてから症状を発症します。もともと金属アレルギーでない方も、過去に受けた歯科用金属を使用した治療がきっかけでアレルギーが発症することがあります。

次に挙げた症状にひとつでも当てはまる方は、金属アレルギーかもしれません。皮膚科でパッチテストなどを受け、金属アレルギーと診断された場合は、お口の中の金属をメタルフリー素材に替えたほうがよいでしょう。

こんな症状はありませんか?
  • 金属に触れる部分の皮膚がかぶれたことがある
  • 歯科治療を行う前はアレルギー症状はなかった
  • 水泡(すいほう)などの粘膜疾患が何度も起きる
アレルギーを起こしやすい歯科用金属

アレルギーを引き起こしやすい金属をまとめてみました。左から金属アレルギーの危険性が高い順に並んでいます。

リスク 大

ニッケル
クロム
コバルト
水銀(アマルガム)

リスク 中

アルミニウム
亜鉛
金銀パラジウム合金

リスク 小

プラチナ
ゴールド
などの貴金属

リスクはほぼゼロ

チタン

アレルギーを起こしやすい歯科用金属

歯科で使用されている金属はさまざまな種類の金属が混ざった合金であるため、どの金属がアレルギーを起こしているか、特定が難しいこともあります。その場合は、まず金属アレルギーのリスクが大きい金属をメタルフリー素材に替えて、症状が改善するかどうかを確認します。

またリスクの大きいアマルガムは、現在は使用されていませんが、昔の保険診療では使用されていました。お口の中に入ったままになっている方も多いので、気になる方は歯科医院で確認してみましょう。

当院のメタルフリー素材

当院で扱っている、メタルフリー素材をご紹介します。

オールセラミック

オールセラミック

素材のすべてがセラミックでつくられています。天然歯と遜色ない白さと透明感があり、美しく自然に仕上がります。

ジルコニア

ジルコニア

耐久性、耐食性、耐熱性に優れた、オールセラミックの被せ物です。ジルコニアは人工関節などに使用されるほど体にやさしい素材で、天然歯と変わらない自然な仕上がりになります。欠けにくいので、奥歯やブリッジにも使用可能です。

e-max

e-max

ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分にしたセラミック素材です。適度な強度と柔軟性を持ち合わせており、食いしばりや歯ぎしりの強い方も使用可能です。透明感が高く、天然歯のような色調を再現できるほか、治療した部分から2次的に虫歯になるリスクが低いのもメリットです。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合素材で、「天然歯に近い美しさ」と「適度な柔軟性」というセラミックとレジン両方の長所を兼ね備えています。保険診療で使用するレジンと比較して強度があり、経年使用による変色も抑えられます。

東京都大田区大鳥居|歯科タウン|エイル歯科・矯正歯科

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る