• ホーム
  • 歯が抜けた、入れ歯が合わない~入れ歯治療~

しっかり咬める入れ歯をお届けしています

しっかり咬める入れ歯をお届けしています

失った歯を補う方法として最も一般的なのが、入れ歯治療です。患者様一人ひとりに合った最適な入れ歯をお届けするには、患者様の歯型を取る歯科医師と、歯型を元に入れ歯を作製する歯科技工士の、2人のプロフェッショナルの連携が不可欠です。

歯科医師のレベルが高いだけでも、歯科技工士の腕が良いだけでも、良い入れ歯は作れません。大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」では、高い技術力を持つ信頼できる歯科技工士に入れ歯の作製を依頼して、完成度の高い入れ歯をご提供しています。

正確な入れ歯を作るには

正確な入れ歯を作るには

入れ歯を作製する際の最初の工程は、患者様の歯型を取ることです。フィット感に優れた「外れない」「ガタつかない」入れ歯を作るためには、この型取りを正確に行う必要があります。

正確な入れ歯を作るには

また、当院では患者様が入れ歯に何を求めているのか、把握することも大切にしています。「しっかり咬める」という機能性を重視するのか、「入れ歯だと気付かれにくい」という審美性を重視するのかによって、ご提案する入れ歯は変わってきます。患者様のご希望をお聞きした上で、咬みあわせや骨の量、残っている歯の状態のほか、食べ物の好みや趣味、ライフスタイルまで考慮してはじめて、心から満足していただける入れ歯をお届けすることができるのです。

入れ歯は毎日使うものです。少しの不具合が大きなストレスにつながってしまいます。歯を失ってしまっても食事や会話を楽しみ、生き生きと笑顔で過ごしていただくために、当院の入れ歯を役立てていただきたい――それが私たちの願いです。

入れ歯のメリット

入れ歯のメリット

「しっかり咬めない」「外れやすい」「見た目が悪い」など、入れ歯にネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし歯科素材や技術の進歩によって、入れ歯の機能性・審美性は格段に向上しています。

こちらでは入れ歯のメリットをご紹介しています。失った歯を補うひとつの選択肢として、参考になさってください。

メリットその1  治療期間が約1ヵ月と短い
メリットその2  インプラントのよsうに手術の必要がなく、侵襲が少ない
メリットその3  ブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、残された歯を傷つけない
メリットその4  素材や作製方法を選べば保険診療となり、経済的な負担が少ない
入れ歯のお手入れ方法

入れ歯を長持ちさせるには、毎日のお手入れが肝心です。歯みがき粉で入れ歯をみがくなど間違った方法でお手入れしていると、破損や細菌が繁殖する原因になってしまいます。こちらでは、入れ歯の正しいお手入れ方法をご紹介しています。適切なお手入れで入れ歯を清潔な状態を保ちましょう。

STEP1流水で洗浄します
入れ歯にはさまった食べかすや、付着した汚れを洗い流しましょう
STEP2専用のブラシで洗います
入れ歯専用ブラシを使って、流水では落とせなかった汚れを取り除きます
STEP3専用の洗浄剤で消毒します
入れ歯専用の洗浄剤に入れ歯を浸して消毒し、雑菌やカビの繁殖を防ぎます
取り扱い入れ歯紹介

当院の入れ歯治療メニューをご紹介します。

レジン床義歯

レジン床義歯

保険診療の入れ歯です。お口の粘膜にあたる床部分がレジン(歯科用プラスチック)でできています。

メリット

  • 保険診療のため費用がおさえられる
  • 製作期間が短い
  • 修復がしやすい

デメリット

  • 床が厚くなるので装着時に違和感がある
  • 見た目に入れ歯だとわかりやすく、審美性に劣る

金属床義歯

金属床義歯

自費診療の入れ歯です。床の部分がコバルトクロムやチタンなどの金属でできています。

メリット

  • 床部分が軽くて薄いので、装着時の違和感が少ない
  • 飲食物の熱が伝わりやすく、食事を楽しめる
  • 壊れにくく、汚れにくい

デメリット

  • 金属の種類によっては、金属アレルギーのリスクがある
  • 自費診療のため、レジン床義歯と比べて費用がかかる

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定するためのバネ(クラスプ)がない部分入れ歯です。床部分が吸着性の高いシリコンでできています。

メリット

  • バネがなく、歯茎に近い色でできているので目立ちにくい
  • 柔らかく、装着時のフィット感に優れる

デメリット

  • 経年により変色することがある
  • 金属床よりも熱が伝わりにくく、食べ物の温度を感じにくい

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

数本埋め込んだインプラント(人工歯根)を支えに固定する、取り外し式の総入れ歯です。

メリット

  • インプラントで支えるためずれたり外れたりせず、通常の入れ歯よりもしっかり咬める
  • 取り外し可能なので手入れが楽

デメリット

  • 取り外し可能なため、通常のインプラントに比べて咬む力は弱い
  • 経年使用によりインプラントと入れ歯の連結が弱まることがある

インプラント支持型部分義歯

インプラント支持型部分義歯

インプラントによって固定する部分入れ歯です。

メリット

  • ブリッジやバネを使った部分入れ歯と違って、周りの健康な歯に負担がかからない
  • インプラントで支えるためずれたり外れたりせず、通常の入れ歯よりもしっかり咬める

デメリット

  • 通常のインプラントに比べて咬む力は弱い

東京都大田区大鳥居|歯科タウン|エイル歯科・矯正歯科

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る