• ホーム
  • 歯が痛い、しみる~虫歯治療~

高精度な治療で、重度の虫歯に対応します

高精度な治療で、重度の虫歯に対応します

虫歯は、日本の成人の約9割が経験したことがあるといわれている、とてもポピュラーな病気です。身近な病気だからこそ、「このくらい大したことない」「痛くないからまだ大丈夫」と軽く考えて、治療を先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか。先延ばしにした結果、虫歯の原因菌が根管にまで達してしまうと、治療するには時間も費用も増え、患者様の負担を大きくしてしまいます。

さらに虫歯になっても、歯を削り、削った部分に詰め物や被せ物を装着すれば歯の機能は回復します。しかし、歯は一度削ると決して元には戻りません。さらに削れば削るほど歯の寿命は短くなっていくのです。

こちらでは、大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」の虫歯治療をご紹介します。当院では患者様への負担を考え、できるだけ「痛くない、削らない」治療を実践しています。また、拡大鏡やラバーダムといった医療器具や外科的処置を導入して、重度の虫歯にも対応。歯がズキズキ痛む方、他院で抜歯を勧められた方もあきらめないでください。あなたの大切な歯を残すために、最善の治療をご提案します。

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯の原因は、「プラーク」と呼ばれる細菌の塊です。プラークは歯みがきで除去できますが、歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目など、歯ブラシの届きにくい場所や汚れがたまりやすい場所に残ってしまうこともあります。

歯に付着したプラークは時間の経過とともに増殖し、「バイオフィルム」と呼ばれるヌルヌルした膜に覆われた集団を作ります。バイオフィルムは歯みがきでは除去できず、放置すると虫歯や歯周病、口臭など、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

虫歯の状態早見表

CO:ごく初期の虫歯

CO:ごく初期の虫歯 虫歯の状況 歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁っています。見た目にはわかりづらく、痛みなどの自覚症状もありません。
治療法 適切な歯みがきやフッ素の塗布で虫歯の進行を防ぎ、治癒を促します。削る必要はありません。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯 虫歯の状況 エナメル質がさらに溶け出し、黒ずんでいます。痛みはまだありません。
治療法 虫歯部分を削り、削った部分にレジン(歯科用プラスチック)を詰めます。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯 虫歯の状況 虫歯がエナメル質の内側にある象牙質に達しています。歯に穴があき、しみる・痛むなどの症状が出はじめます。
治療法 虫歯部分を削り、削った部分を詰め物や被せ物で補います。

C3:神経に達した虫歯

C3:神経に達した虫歯 虫歯の状況 虫歯が歯の神経に達しています。何もしなくてもズキズキとした痛みを感じます。
治療法 根管治療を行って、虫歯に感染した神経を除去し、その上に被せ物を装着します。

C4:歯根まで達した虫歯

C4:歯根まで達した虫歯 虫歯の状況 虫歯が歯根にまで達し、歯の大部分が溶かされています。神経が壊死しているので一時的に痛みがなくなりますが、放置すると膿がたまって再び激しく痛み出します。
治療法 ほとんどのケースで抜歯になります。抜歯後は、入れ歯やインプラントなどの補綴治療を行い、失った歯の機能を回復させます。

虫歯は放置しないでください

虫歯は放置しないでください

虫歯は風邪とは違って、放っておいても自然に治ることはありません。しかも初期段階では自覚症状がほとんどなく、気付かないうちにどんどん進行します。早い段階で治療ができれば歯を削る量は少なくて済みますが、進行すればするほど歯を削る量も増え、治療にかかる時間も費用も、治療に伴う痛みも大きくなってしまいます。

「痛い」「しみる」といった症状が出る頃には、虫歯はかなり進んでいます。わずかな違和感も放置せず、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。

根管治療~重度の虫歯でも歯を残すことができます~

根管治療~重度の虫歯でも歯を残すことができます~

従来の治療では、歯の神経にまで達した重度の虫歯は抜歯以外に治療選択肢がありませんでした。しかし、歯を1本でも抜いてしまうと咬み合わせや歯並びが乱れて、お口の中だけでなく全身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。そこで登場したのが「根管治療」です。

根管治療は「歯の神経を抜く治療」ともいわれています。歯の根の中にある「根管」という細い管から虫歯に感染した神経や血管を取り除き、根管内を洗浄・消毒し、薬剤を充填した上で被せ物を装着して歯の機能を回復させます。

根管は、とても細いだけでなく複雑な構造をしているため、根管治療では高い技術力と細心の注意が必要とされます。さらに虫歯菌に冒された細菌を取り残してしまうと再発リスクが高まってしまうことから、非常に難易度が高い治療です。根管治療を成功させるために、当院では次のような医療機器を導入しています。

拡大鏡「サージテル」

拡大鏡「サージテル」

非常に細く複雑な形状を持つ根管は、肉眼でははっきり見ることができません。当院では肉眼の数倍の視野を獲得できる歯科用拡大鏡「サージテル」を導入し、根管内部をしっかり確認しながら、高精度かつ安全な根管治療を行っています。

ラバーダム

ラバーダム

根管治療では、根管を無菌状態にすることがとても重要です。当院ではゴム製の防湿防菌シート「ラバーダム」で治療部分以外を覆い、治療部分のみを露出して治療することで唾液による細菌感染を防止、治療の成功率を高めています。

「Ni-Tiファイル」

「Ni-Tiファイル」

歯の神経を抜く際に使用する器具です。Ni-Ti(ニッケルチタン)製なので柔軟性が高く、曲がりくねった根管内でも、周囲の組織にダメージを与えることなく処置できます。

POINT垂直加圧―ウルトラフィル―

根管治療では、虫歯菌に感染した神経や血管を除去して根管内を洗浄・消毒したあと、根管の空洞部分に「ガッタパーチャ」と呼ばれる充填剤を詰め込みます。これを「根管充填」といいます。

根管充填には2つの方法がありますが、当院では「垂直加圧充填」という方法を採用しています。他の方法と比べて若干痛みはありますが、ガッタパーチャを歯根の先端まで隙間なく充填できるため再感染のリスクが少ないのが特徴です。

根管治療は非常に難易度の高い治療で、中には再治療が必要となるケースもあります。再治療になると初回治療時よりも時間とコストがかかるだけでなく、成功率も低下してしまうため、より確実な方法を選択することが大切です。

東京都大田区大鳥居|歯科タウン|エイル歯科・矯正歯科

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る