• ホーム
  • 妊娠期・お母さんの歯科治療

マタニティー歯科~妊婦さんの口腔ケア~

マタニティー歯科~妊婦さんの口腔ケア~

妊娠中は、つわりの影響で歯ブラシを口に入れると気持ちが悪くなり、十分に歯みがきができない方が多くなります。また、唾液の分泌量や免疫力が低下することから口腔内環境が悪化
しやすく、虫歯や歯周病を発症する可能性も高まります。

大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」では、デリケートな状態にある妊婦さんと赤ちゃんの健康をサポートする、マタニティー歯科診療を行っています。出産後は赤ちゃんのお世話が大変で、歯医者に通うのも難しくなってしまいます。お口のケアは妊娠中に済ませておきましょう。

産まれてくる子供を虫歯にしないために

産まれてくる子供を虫歯にしないために

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在せず、1歳半ごろまでに周囲の大人から唾液を介して感染するといわれています。特に赤ちゃんと一緒の時間が長いお母さんは、最大の感染源。虫歯から赤ちゃんを守るには、お母さん自身のお口から虫歯菌を減らす必要があります。妊娠中からお口のケアをしっかり行って、生まれてくる赤ちゃんに健康な歯をプレゼントしてあげましょう。

妊娠中の歯医者に行くタイミング

赤ちゃんへの影響が気になって、歯医者さんの受診をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 使えないお薬があるなど制限はありますが、基本的に妊娠中でも歯科治療は可能です。歯茎の腫れや痛みなどの症状がある方は、ためらわずに受診してください。受診の際は、歯科医師に妊娠中であることを必ず伝えましょう。

妊娠初期(1~4ヵ月)
つわりがひどい時期です。切迫流産のリスクもあるため、緊急でない限り治療は控えたほうが良いでしょう。
妊娠中期(5~8ヵ月)
安定期に入り、つわりもおさまってきます。体調の良い日を選んで、この時期に一度検診を受けましょう。
妊娠後期(9ヵ月~)
お腹が大きくなると、診察台で横になるのもつらくなってきます。いつ陣痛が始まってもおかしくない時期です。緊急時を除き、治療は出産後まで待ちましょう。
歯周病が影響する、早期低体重児出産

近年、お口の健康と全身の健康の関連性が指摘されています。特に歯周病は、糖尿病や肺炎、心筋梗塞などを悪化させることがさまざまな研究から明らかにされています。

歯周病が影響する、早期低体重児出産

実は妊娠期は、歯周病菌の増殖を促す女性ホルモンが増え、「妊娠性歯周炎」と呼ばれる歯周病トラブルが起こりやすくなっています。また、1996年には、進行した歯周病の妊婦さんは、そうでない人と比べて早産や低体重児出産のリスクが7.5倍、初産の場合は8倍近くなるという研究結果がアメリカで発表されました。これはほかの早産・低出生体重児のリスク要因である喫煙や飲酒、高齢出産と比べても、はるかに高い数字です。

歯周病は適切なケアによって予防できる病気です。妊娠中に限らず、定期的に検診を受診して、歯周病予防と早めの処置を心がけましょう。

歯周病が影響する、早期低体重児出産

(Offenbacherら:J Periodontol,67:1103-1113,1996改変引用)

24時間受付!「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」の診療予約はこちら

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る