安全に治療を行うために~問診にご協力ください~

歯の健康はお口の中だけでなく、全身の健康にも深くかかわっています。

安全に治療を行うために~問診にご協力ください~

大田区本羽田・萩中の歯医者、「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」では、すべての患者様に安全な治療をご提供するため、初診時の問診を通して患者様の健康状態の把握に努めています。糖尿病や高血圧といった持病をお持ちの方が歯科の外科的処置を受ける際には、さまざまなリスクが伴います。リスクを回避して安全な治療をご提供するために、問診へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

歯科治療時に注意が必要な病気

こちらでは、歯科治療を受ける際に注意が必要な病気についてご説明します。持病をお持ちの方、または持病をお持ちのご家族が治療を受ける場合は、病名と服用中の薬剤名を必ず事前にスタッフまでお伝えください。来院時にお薬手帳をお持ちいただくとスムーズです。

高血圧

高血圧

血圧はストレスで変動しやすく、治療への不安や痛みが原因で急激に血圧が上昇することがあります。また、抜歯など外科処置で使用する麻酔には血管を収縮させる作用があり、血圧が上昇する可能性もあるため、当院では生体モニターを用いて血圧の管理をしながら治療を行っています。
歯科治療時の注意
  • なるべく午前中に治療を受けましょう
  • 治療当日に降圧剤を飲んでも良いか、事前に確認しましょう
  • 治療前に血圧を測定しましょう
  • 心臓への負担を少なくするために、治療はなるべく座位で受けましょう
  • 治療中や治療後に急に体勢を変えないようにしましょう
  • 急性炎症時で痛みにより血圧が上昇する場合には、鎮痛剤などを処方してもらいましょう

狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞

狭心症や心筋梗塞の方で、血液を固まりにくくする抗凝固薬(血液サラサラの薬)を服用している場合は、抜歯など出血を伴う処置を行う際に注意が必要です。主治医と相談の上、服用中の薬剤の量を変更するなどの対策をした上で処置を行います。
歯科治療時の注意
  • 心筋梗塞発症後3ヵ月以内は、歯科診療は控えましょう
  • 心筋梗塞発症後6ヵ月以内は対症療法のみとし、出血を伴う外科処置は控えましょう

糖尿病

糖尿病

糖尿病の方は、感染症にかかりやすい、傷が治りにくい、ストレスにより血糖値が変化しやすいという特徴があります。また少しの侵襲でも高血糖や低血糖を引き起こし、意識を失う恐れもあります。当院では感染症の発症を避けるために、主治医と連携して治療の前に抗菌薬を計画的に投与するなどの対策を講じています。
歯科治療時の注意
  • 食事前の治療は避けましょう
  • 治療を受ける前に食事の時間と糖尿病治療薬の服用について確認しましょう
  • 局所麻酔は血糖値を上昇させにくい薬剤を使用します。事前に糖尿病であることを忘れずに申告しましょう
  • 血糖コントロールが悪い場合は、治療を中断または延期することもあります

骨粗しょう症

骨粗しょう症

骨粗しょう症の治療薬であるビスホスホネート製剤(ゾメタ、アレディア、ボナロン、ベネット、アクトネルなど)を服用していると、歯科治療により顎骨の骨髄炎(顎骨壊死)が起きるリスクが指摘されています。ただし、ビスホスホネート製剤以外の骨粗しょう症治療薬は問題ありません。
歯科治療時の注意
  • ビスホスホネート製剤服用中の外科的処置はお勧めできません。 骨粗しょう症治療薬を服用している方は、主治医と歯科医師に必ずご相談ください。

東京都大田区大鳥居|歯科タウン|エイル歯科・矯正歯科

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る