重症・難治例にも対応できる設備~先進的歯科治療~

重症・難治例にも対応できる設備~先進的歯科治療~

歯科医療は日々進歩しています。常に高水準の治療をご提供するために、大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」では、先進的な歯科治療や高機能の医療設備を積極的に導入しています。

先進治療や先端の医療機器を取り入れることで、さまざまな治療選択肢をご提案できるようになり、高度な専門治療や重症・難治例にも対応しています。他院で「治療できない」「抜歯するしかない」と言われた方も、あきらめずに当院へご相談ください。

治療のクオリティーを高めるためのポイント

1:拡大鏡

1:拡大鏡

歯科治療はミクロの世界を扱う繊細な医療です。当院では、肉眼の数倍の視野を獲得できる歯科用拡大鏡「サージテル」を導入し、より精密で正確な治療を行っています。

2:ラバーダム

2:ラバーダム

「ラバーダム」とは、薄いゴム製の防湿防菌シートのこと。治療する歯の周囲をラバーダムで覆うことで、唾液などによる細菌感染を予防します。

3:Ni-Tiファイル

3:Ni-Tiファイル

虫歯菌に冒された歯の神経を除去する処置で使用する器具を「ファイル」といいます。Ni-Ti(ニッケルチタン)製のファイルは、従来のステンレス製のファイルよりも柔軟性があり、口腔内を傷つけるリスクを抑えることができます。

4:滅菌対策の徹底
クラスB高圧蒸気滅菌器

クラスB高圧蒸気滅菌器

使用済みの器具にはたくさんの血液や唾液が付着しています。当院ではヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい「クラスB」をクリアした滅菌器を導入。高度な滅菌処理で万全の感染対策を行っています。

給水管内除菌システム「ポセイドン」

給水管内除菌システム「ポセイドン」

添加物を加えずに、院内全ての水道水を除菌できる給水管内除菌システムを導入。殺菌力の高い電解中性機能水が給水管内を流れて細菌の繁殖を抑制し、院内感染リスクを軽減します。

EO水

EO水

水道水に微量の食塩を加え、電気分解を行って生成される酸性電解機能水を使用。多くの病原微生物を瞬時に殺菌する力を持ち、除菌効果に優れていますが、人体に無害で高水準な消毒が可能です。虫歯や歯周病の予防、口臭の改善などに効果を発揮します。

5:各種検査の実施
ポケット検査

ポケット検査

歯周病の進行具合を調べる検査です。歯と歯茎の隙間の深さを目盛りの付いた細い器具で測ります。深ければ深いほど、歯周病も進行しています。
歯周病原菌検査

歯周病原菌検査

歯周病原菌を歯周ポケットから採取し、DNAを測定することで菌種・菌数を計測します。痛みを伴わない簡単な検査で、5分程度で菌の採取は終了します。約2週間ほどで検査結果がわかります。
口腔内写真

口腔内写真

口腔内カメラでお口の中を撮影し、ユニットに設置したモニターに映し出すことで、お口の状況をリアルタイムで確認することができます。
レントゲン撮影

レントゲン撮影

虫歯や神経の状態、骨の状態などを審査します。親知らずの抜歯や、歯周病・インプラントの診断などの際には必ず行います。
コラム「クラスB」ってどんな基準?

高圧蒸気滅菌器は、世界で最も厳しいといわれるヨーロッパ基準で「クラスB」「クラスS」「クラスN」の3つのクラスに分けられています。滅菌できる器具によってクラス分けされており、より高度な滅菌ができる順に「クラスB」→「クラスS」→「クラスN」となっています。つまり「クラスB」は、滅菌効果が最も高い滅菌器なのです。

しかし、日本の医療機関における「クラスB」滅菌器の導入率は2%程度にすぎません。当院では「歯科医院には院内感染から患者様を守る義務がある」と考えて、「クラスB」滅菌器をいち早く導入。「ワンランク上の滅菌対策」で、安心安全の歯科診療をご提供しています。

クラスの比較
クラスB 固形、多孔性、中空、非包装、包装、一重、二重包装など、複雑な構造にも対応し、全種類の器具の滅菌が可能。
クラスS メーカーが指定した、特定の器具のみ滅菌が可能。
クラスN 未包装の固形器具のみ滅菌可能。輸送や保管は不可のため、滅菌後はすぐに使用しなければならない。

24時間受付! 「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院」の診療予約はこちら

診療内容
  • 虫歯治療 / 歯が痛い・しみる
  • 歯周病治療 / 歯茎から血が出る
  • 小児歯科 / 子供の歯が気になる
  • 予防歯科 / 健康な口でいたい
  • 矯正歯科 / 歯並びが気になる
  • インプラント / しっかり咬める歯が欲しい
  • 審美歯科 / 銀歯が気になる
  • ホワイトニング / 黄ばみが気になる
  • 入れ歯治療 / 入れ歯が合わない
  • 口腔外科 / 顎関節症、親知らずが痛い

トップへ戻る